landscape

脳が見せるあなたの景色

聞く力

聞いてるの?

前回お知らせした「伝える力」と同様に、「聞く力」も大切です。

相手の目を見て、相槌を入れて、時には質問をして。

ただ、相手によってはじっと見つめていると「何だその目は!」と殴られる事もあるので注意です。(先生の実話;)

話の腰を折らず、ちゃんと聞いてあげましょう。

「あ、それ知ってる○○だよね」

「ふーん、興味ないなぁ」

では、相手は話す気を無くしてしまいます。

そこまでして相手の話を聞かないといけないのか?

コミュニケーション能力を上げるためには必要です。

相手を理解しようとする気持ちが大切です。

 

5W1H

「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」

というのを聞いたことありませんか?

相手が話す事が苦手な人だったり、こちらが理解できない場合は5W1Hを使って順番に聞いてあげましょう。

  • 「いつのこと?」
  • 「それはどこで?」
  • 「誰と行ったの?」
  • 「そこで何が起きたの?」
  • 「何故そうなったの?」
  • 「それでどうしたいの?」

順番に聞いてあげれば相手も話を整理しやすいですし、こちらも相手が何を望んでいるか理解できますね。

 

コミュニケーションの必要性

私のように上手く話せないという人はいらっしゃると思うのですが、苦手だと思うとつい避けてしまいます。

でもそれだと人生が上手くいきません。

仕事が上手くいっている人はコミュニケーション能力が高いです。

そして能力が高ければ、人を動かす事ができます。

言われて自分が動くのと、全体を見て人に動いてもらうのとではどちらがいいでしょうか?

人は自分に興味がない事はスルーしてしまいがちです。聞いても覚えていない事もしばしば・・・。

相手に興味を持ちましょう。知らない事や興味のない話だったら、「それ何?」と話に乗ってあげましょう。

相手は喜んで話してくれます。

自分が相手を理解しようとすると、次は相手があなたに興味を持ってくれます。

会話を楽しみましょう。