landscape

脳が見せるあなたの景色

祈り

4月14日熊本で地震

びっくりしました。

速報の音と共にテロップが流れ、熊本で地震が起きたと。

見ていた番組が急遽報道に切り替わった事は仕方なく、その後のニュースを食い入るように見てしまいました。

4月1日に三重県沖で地震があったときは、家が揺れる前に携帯に速報が入り、地震よりもその音にびっくりしたのですが、今回は距離があるせいか携帯は異音を発しませんでした。

津波がない事が救いですが、規模の大きさ、その後も続く余震のせいで、かなりの被害が出ていることに胸が痛みます。

 

東日本大震災の時

あの時はここも揺れたんですよね。

そのため、全く揺れを感じなかった熊本の地震よりは実感したはずなのです。

発生時間が午後2時46分だったこともあり、その後の津波もテレビで見ました。

なのにその時の私は全然リアルに感じられませんでした。

今の私は、熊本の地震のニュースを見ると泣きそうになるのです。死者の数の多い少ないではなく、現地で不安な気持ちで過ごされている方たちに思いを馳せます。

この違いは何でしょうか。

以前の私は他人に関心がなく、自分自身が死にたいと思っていたのです。

実は、東北の被災地で配給をもらって座り込んでおにぎりを食べているおばあさんを見て、「何もしなくていいんだから羨ましいな」と思ったくらいなのです。

それほど心を病んでいました。

それでも、ここまで変わることができました。

 

心はひとつ

私達は肉体によって、自分という「個」として存在していますが、実は心は繋がっていて、ひとつなのです。

わたしはあなたで、あなたはわたしなのです。

だから、辛い思いをしているあなたを放っておく事などできません。

AIさんの「ハピネス」の歌詞ではありませんが、あなたが笑ってくれたらすべてが良くなります。

こころからの笑顔を広めていきましょう。

そして不安でいるあなたに、あなたの幸せを心から祈ります。

徒然

空き時間に何してる?

以前、外出した時に、若いお嬢さんが

「暇すぎる」

とつぶやいていました。

うらやましいなーと思いました。

だって主婦には家事も子育てもありますから。

それに、パートで家計を助けなければやっていけない。

私の場合は母子家庭ですから、

いくら国から補助金がいただけるといっても

私が働かないと生きていけないわけで・・・

 

やりたい事なんてたくさんあります!

でも、やらなきゃいけない事もたくさんある!

 

一人の時間が欲しいなぁ・・・

ずっとそう思ってました。

 

時間は無限ではない

今はようやく下の子が中学に入学し、

送り出した後はほっとできるようになりましたが、

小学校の時に不登校になりかけた事もあり、

慣れるまではまだまだ不安ですが、

なるべく次男の心に寄り添えるようにと

目を皿のようにして次男を見ています。

 

実は3月いっぱいで仕事を辞めてしまったので

今は無職なのです。

単純作業の繰り返しで、腰を痛めてしまって

それに、脳科学について学ぶようになってから

こういう働き方ではいけない、と思い

別の道を探そうと仕事を辞めました。

 

もっと人とかかわる仕事がしたいなぁと思ったのです。

だって時間は有限ですから。

耐えられない単純作業より、人とふれあいたい。

 

以前の私は

  • 誰にも会いたくない
  • 接客はしたくない
  • 電話対応もしたくない
  • お金を扱いたくない

そんな感じで、選んだ仕事だったのですが

学んで変わることができた私には

もう耐えられない仕事になってしまったのですね。

 

次男と、今年90になる祖母の様子を見つつ

ハロワで仕事も探して

勉強もして

楽しく毎日過ごしていきたいと思っています。

 

はじめまして

自己紹介

バツ2のシングルマザーです。

高3と中1の息子がいます。

人生どん底で死にたいと思ったことも一度や二度ではなく、

子供が不登校になったり、

仕事がなくて通帳の残金が3万円になったり、

人生オワタと何度も思いました。

しかし、ある人との出会いが私の人生を変えました。

 

何故変われたのか?

プロのスポーツ選手には精神面をサポートをするメンタルトレーナーがいますよね。

では人生をサポートしてくれるのは誰でしょう?

子供の頃ならそれは親になるのでしょうが、どうですか?

自分はしっかり「生き方」について親に教えてもらったでしょうか?

自分は自立した人間だと自身を持って言えるでしょうか?

少なくとも私は親から教えてもらえませんでした。

いつも不安で不安で仕方ありませんでした。

子供がいるから死ぬにも死ねない、という状況の時、偶然ある方のブログを拝見しました。

そこには「人生にもサポートしてくれるメンターが必要だ」と書かれていました。

勇気を出して無料面談を申し込みました。

それからです、自分が変われたのは。

 

誰でも変わることができる

答えは自分の中にあったんです。

誰かに何とかしてもらうのではないのです。

気付けば、変われます。

しかし気付くには、メンターの力が必要です。

私はあなたのメンターになれたらと思います。

誰でも、変わることができます。

「死ぬ」ことしか考えてなかった私が、今は「生きる」ことが楽しくて仕方ないのです。

自分で体感したから分かります。

さぁ、わくわくする未来へ!

 

ブログについて

基本的には自分の体験したことについて書いていきます。

メンタルに関することの他に

  • 長男とのラーメンランチ
  • 長男のライブのお知らせ
  • 次男の慌しい中学生活
  • 次男との鉄道旅行
  • アニメや本の話

などなど日々の生活についても書いちゃいます。

 

なお、この記事は本当の本当に初めての記事なので、加筆修正または削除してしまう可能性もあります。

記事が増えたら整理します。

読んでくれてありがとう。

問い合わせはお気軽にどうぞ!