読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

landscape

脳が見せるあなたの景色

シンドバッドの冒険

マギ シンドバッドの冒険に学ぶ

今、アニメで「マギ シンドバッドの冒険」というアニメがやっているのですがご存知でしょうか?

「マギ」というのは週刊少年サンデーで連載されている大高忍原作のマンガで、「シンドバッドの冒険」はその外伝的なお話になります。(漫画:大寺義史

アニメがやると聞いて、時間帯が深夜なので録画して見たのですが、これがこれが・・・

 

面白くてたまらないのです!!!

 

冒険ものというのもあるでしょうが、シンドバッドの生き方が、学長の言っていることを体現していることに気づきました。

 

・シンドバッドは、祖国のあり方に疑問を感じ、「新しい国を作って王になる」という目的を持ちます。

・そこで何が必要かを考えます。

・それを達成するために行動を起こします。

 

その後彼が目的を達成し王になるのかは、興味を持っていただいたのなら是非読むか見ていただくとして、シンドバッドの生き様というのがもう理想なのです。

 

実際、「目的を持って、そこに向かって頑張れ!」と言われてもピンときませんよね?

シンドバッドのやり方を見ていると、こうすればいいのね。というのが分かります。

ファンタジーと現代という、舞台の差はあれ、仕組みは同じです。

 

アンダードッグ効果

では、シンドバッドがどのように行動したのか。

まず、「現実には達成できそうもない大きな目的」を持ちます。

ここで大切なのは、「目標」ではないということ。「目標」というのは、今の自分でもちょっと頑張れば達成できることを言います。それでは進化は望めません。

「王になる」というのは、王族でもない彼には達成不可能な目的に思えます。

だからこそ「新しい国を作り」、そのためには「力と知識と仲間」が必要だと考えます。

その勇気で、ダンジョンに立ち向かい、学び、敵だった相手にさえ「俺と一緒に国を作ろう」と仲間に誘います。

シンドバッドの夢に呆れながらも共に進もうという気持ちになるのは、彼が一度も「それが達成不可能だと思っていない」ことと「一生懸命さ」です。

シンドバッドは皆にとってのメンター(導き手)であり、揺るぎない信念を持つシンドバッドにも必要な導き手が現れます。

「決めて、行動する」という術式は、現代でも同じように作用します。

シンドバッドが提示された条件を達成できなかった時、それでも彼は認められて先へ進めました。

それは、「達成しようと最後まで諦めずに一生懸命頑張った」からです。

これを「アンダードッグ効果」といいます。

例えば、運動会で、かけっこで転んでしまった子が、ビリでも最後まで走りきった時、その時に起きる「よく頑張った!」という拍手。

「弱い一面を見せて同情を引く」のではなく、「ダメだったけど一生懸命取り組んだ」というその姿を人々は応援したくなるのです。

だから彼に着いて行こうと思い、彼の目的が達成することが自分の目的となります。

自分がスポットライトを浴びる必要はないのです。

舞台の袖で支える側だとしても、その人のために!と思うこができれば全然満足じゃないですか。

幸せとは、人に尽くしてこそ得られるものだと学長は言っています。

 

 

さぁ、「現時点では達成不可能な大きな目的」を持ちましょう。

「決意して行動」しましょう。

 

浮き沈み

前に進むだけの人生はありえない

さて、前回の記事から時間が経ってしまいました。

「書かなきゃ!」って思って書き始めたのに、連日となると面倒臭くなってきて、気分が落ち込んだのと合わせて書けなくなってしまいました。

今日お伝えしたいのは、「楽しいことばかり続かない」です。

陰があれば陽があるように、止まない雨はないように、私たちは楽しいことと、嫌なことを繰り返しています。

先生に言われました。

「人生とは映画のようなもの」

確かに、楽しいだけで終わる映画なんてないですもんね。

ドラマチックな出来事があったり、悲しいこともある。

辛いことがあるからこそ、ラストシーンでハッピーエンドになれるのだと。

今までの人生で辛いことの方が多かったのなら、残りの人生は楽しいことが多くなければいけません。

この「人生という映画」は自分が主人公であり、監督であり演出です。

その映画の主人公が他人になってたりしませんか?

あなたの映画のラストシーンはどんな結末ですか?

 

階段を少しずつ登る

コツコツと人生の階段を登っていくわけですが、一筋縄ではいかない人生のストーリーは時に絶望をくれたりします。

実は私がこの一ヶ月落ち込んでいたのは「お金」の問題でした。

大学の授業のほかに、資格を取るための別の授業があり、それがまたいいお値段で・・・。

資格が取れれば、それで食べていくことができるので、金銭的には不安だったけど、クレジットで支払って、分割払いにすることにして申し込みました。

そうしたらですね・・・

「利用限度額を超えているので分割できません」

と言われてしまい、50万を一括払いしないといけなくなりました。

もちろん、そんなお金は今はありません。

元旦那にお願いして20万借りました。(←ダメ女

残り30万は、大学にお願いして一時的に返却してもらうことになりました。

来月から30万をクレジット分割で払っていきます。

カード会社から「できない」って言われた時は頭の中が真っ白になって、些細なことで涙が出てしまう状態でした。

そこまでして勉強するの?(ぶっちゃけ騙されてるんじゃないの?)

って思われるかもしれませんが、追い詰められたときにこそすごいパワーが出るのです。

元旦那にお願いするなんて、今までだったらプライドが邪魔をしてできませんでした。

プライドなんてものは些細なものです。なくていいもの。

プライドとか価値観とか理性とか、ぶっ壊していかないと、これからの社会は生きていくのが難しくなります。

世界はすごい早さで動いています。

良い大学を出て、良い会社に入れば安定した生活ができる次代は終りました。

乗り遅れないようにしましょう!

情報は取りに行く

自ら動くこと

今私は大学に通っているのですが、長男も同じ大学に通っています。

「通う」という言い方はちょっと違うなー。

通信制の大学なので、普段はネット配信の授業です。月に数回、教室まで通います。

通い授業は受けたいものに合わせて申し込めるので、定期授業とは別にお金がかかるのですが、楽しい授業ばかりなので申し込んでしまいます。

長男も受けたいと言うと、つい一緒に申し込んでしまうのですが、金銭的負担はばかになりません。

大学の事務局の方に言われてしまいました。

「お母さんは子供にお金を払いすぎだよ。その気になればバイトして、そのお金で申し込めるんだから」

確かに、大学の授業料は払ってあげています。

長男はバイトをしていません。

お小遣いはまだあげています。足りない分は自分で何とかしなさいと言ってありますが・・・。

学びたいなら、自ら動くべきですよね。

私が昔、大学に通っていたときは、親に授業料を出してもらったので、お小遣いはありませんでした。バイトして教科書代と定期代、お昼代を自分で払ってました。

ちょっと子供に甘すぎたかもしれません。反省。

 

受け身のままでは進化しない

人は興味のないものは反応しないようになっているので、知らないうちに大切な情報を逃してしまってる可能性があります。

以前先生に言われたことがあります。

「情報を自ら取りに行く姿勢が大事」

親や学校や地域やメディアがこうだよ、と伝えてくる情報だけで満足していますか?

その世界の中で幸せを感じ、楽しく生きてますか?

私は苦しかったんです。

世界って、生きるってこんなにつまらないの?と。

本当のことって中々表には出てこないんですよね。

だって、皆がそれを知ってしまったら、この世界を支配してる人たちが困るから。

誰かの作った世界で、限られた選択肢で選ばされている人生なんてもううんざり!

私は自分の世界で幸せになる!

そう決めました。

今までの生活、繰り返される日々は、多少辛くても安心できる世界なのかもしれません。

でも、死ぬまでそれでいいの?

染み付いた習慣を変えるのは違和感を感じますし不安になります。

それを超えた先に進化があります。

一人では難しいので、サポートしてくれるメンターと一歩踏み出しましょう!

 

オンラインゲーム

実に十数年

前回私が同人誌活動をしていたことをちらっと書きました。

元にした作品は最初はアニメでしたが、年齢が上がるにつれ小説やゲームになっていきました。

ゲームは、ドラクエ3やロマサガシリーズなどのRPGものが好きだったのですが、いつの間にか格闘ゲームにハマっていました。(かっこいいお兄さんが多数!)

その頃ですね、筋肉などの体の描き方にこだわるようになったのは。

(でもどちらかと言えば、筋肉もりもりの格闘家より、儚げな少年の方が好みです^^;)

それがある日、格闘ゲームを一緒にやっていた友達から、オンラインゲームなるものを勧められました。

ファンタシースターオンラインPSO)です。今はPSO2が盛り上がりを見せていますね。

当時のハードはドリームキャスト

イベントの時にしか会うことができなかった遠方の友達とも、ネットの中で会うことができる、しかもゲーセンまで行かずとも自宅で遊べる!

これは画期的でした。

PSOドリームキャストからセガサターンへ移り数年、私がPSOを止めたのは人間関係が原因でした。

オフ会したりして楽しく遊んでいたのですが、自分が女だということは皆知ってますからね、ちょっと粘着されまして・・・(当時は若かったからね!)

新しく「ラグナロクオンライン(RO)」というのが出たからどうよ?って誘われて引っ越しました。

ROももう13周年ですから、PSOの時からもう十数年ネットの向こう側で生きてきたわけです。

 

ネットゲームにハマる理由

空き時間があれば1秒でも長く向こうの世界に行っていました。

現実世界が辛かったから。楽しいことがなかったから。

旦那の親と同居することになったり

引っ越した先には自分の居場所がなかったり

旦那にはこちらの希望も意見も聞いてもらえず

旦那は仕事以外は寝てばかりで子供のことは私と親に丸投げ

せめて知り合いでも作ろうと、小学校の図書ボランティアに参加しようとしたら、「それなら働け」と旦那に怒られる

一人になれない落ち着く場所がないというのは精神を病みます。

自分に安心がなければ、子供に安心も与えられません。

(そういった精神構造は親に影響を受けます。機会があれば書きます)

結果的に離婚しました。

ゲームの世界の私は皆に必要とされ居場所がありましたから。

大魔法で敵を倒したり、支援キャラの時は皆を支えたり。(残念なから前衛職は持っていませんでしたので皆の壁にはなれませんでした)

そんな中、とあるパートを始めたのですが、これが良くなくて、結果的には私は適応障害と診断されて仕事を辞めました。

ふとしたことで涙が溢れて止まらなくて、アパートの4階から飛び降りようとまで思いつめました。子供の顔が浮かび、「子供がいるから死ぬこともできない」と更に絶望し、何のために生きてるのかわかりませんでした。

そんな時、とある方のブログに出会いました。

「脳の使い方を学べば人生を変えることができる」

ならば、変えたい!と思いました。

 

ネットゲームの世界から現実世界へ

その方と連絡を取り、無料面談を申し込みました。

人は納得ができないと動けませんよね。少なくとも私は、その方と話すことで、これからの人生を変えることができると希望を持つことができました。

それから一年のサポートを受けることにしたのですが、もちろんそれは無料ではないので悩みました。母子家庭となった私には厳しい金額でした。

でもこのままでいても何も変わらないのだからと、更に「一年サポートを受けて何も変わらないと感じるのであれば返金します」という歌い文句があったので、ならば返金させてやるくらいの気持ちで申し込みました。

結果。

一年も経たないうちに私はここまで変われたんですね。

変化は翌日にすぐ出るものではありません。

一ヶ月後に振り返ってみると、確実に変化が分かる、そんな感じです。

遊べなくても毎日ログインして、キャラクターをゲームの世界に置いておかないと気がすまなかった私が、半年も経つころには用事や約束がなければログインしなくなりました。

一ヶ月ごとの課金制なので、課金が切れたらもう繋がなくていいかな、と思うようになり、一年も経たずにゲームとは縁を切ることができました。

私が生きているのはここですから。

今でも時々、無料解放デーの時には様子を見にログインしてしまったりはするのですが、禁欲生活をしているわけではないので、やりたいなと思ったらとりあえずやってみる。

そして「やっぱりあちらの世界には魅力を感じなかった」と確認して終了。

今は長男の勧めで「モンスターストライク」をスマホでやってますが、毎日ログインだけして終りな感じです。負けちゃった時の「それまでにかかった10分が悔しい」と思うからです。

 

それなら私は現実世界でやりたいことがたくさんあるよ!

 

 

練習あるのみ

一瞬で上手くはならない

実は私、子供の頃から絵を描くのが好きでした。

小学校から帰ってきて、晩御飯まで暇なので、広告の裏に好きなキャラを描いて時間を潰してました。

上手く描きたいと思うようになったのは中学になってからです。

一緒に描く仲間がいたというのもあるでしょう。

同人誌を始めたのも中学の時。

イベントに申し込みしてコピー本を作ったりして。

趣味でやってるぶんには良かったのですけど、やはり絵師やマンガ家を目指すなら基礎を学ばないと難しいのですよね。

私は絵を描きたかったのですけど、デッサンが嫌いで、高校の時は音楽選択でした。

絵師にもマンガ家にもならずに同人誌活動を20年くらいやりました。

そんなに売れもしませんでしたが。

 

練習はしたものの

絵の練習はそれなりにはしました。

男女の体つきの違いとか、筋肉のつき方とか、手は特に練習しました。

同人誌を描いていたのでペン入れやトーン貼り、効果線、コマ割などなどできるようになりましたが、時代はアナログからデジタルに変わっていきました。

私が育児に追われ絵を全然描かなくなっていた間に、世の中はなんと「紙とペンがなくても絵が描ける」時代になっていたんですね。驚きです!

もちろん、今でもアナログで絵を描いている方もいます。

私の場合、

・紙に下書きを描く

・ペン入れをする

・消しゴムをかける

・修正をする

と、この時点ですごい時間がかかって修正箇所もたくさんあって・・・修正液の嵐。

それなら最初からデジタルでやれば、消しゴムかけなくて済むし、修正も楽なのでは?と思った次第。

色塗りもアナログだと綺麗に塗れる自信もない。デジタルはやり直しかできますものね。

 

お絵かきソフトとペンタブ導入

実は数年前に、ペンタブを購入したことがあったのですが、

「ナニコレ使いづらいーー!」

と、初日で挫折したのでした。根性が足りねぇぇぇ。

今回、そうはいくかと・・・一年前に購入した別のペンタブをようやく出し、お絵かきソフトをDLしたのでした。

紙に描くのと同様、ペンタブで絵を描くのも慣れなんですよね。

ツイッターなどでささっと描いた絵を投稿されてる方を見ると(当然本気絵は比にならないくらいお上手)羨ましくて。

アニメを見た後など、「あの子描きたい!」とさくっと落書きして投稿したい気分になるのですが、今の私ではアナログでもデジタルでも時間がかかりすぎて難しい。

アナログの下書きが汚すぎてお見せできないってのもあるんですが・・・!

そんな訳で、時間のあった本日、4時間かけて下書きから色塗りまですべてデジタルで描いてみました。

お絵かきソフトの機能の10%も使いこなせてなかったと思う(苦笑)。

忘れないうちにどんどん描いて、上達したいと思います。

そのうち進化の過程をお見せできたらいいな。

聞く力

聞いてるの?

前回お知らせした「伝える力」と同様に、「聞く力」も大切です。

相手の目を見て、相槌を入れて、時には質問をして。

ただ、相手によってはじっと見つめていると「何だその目は!」と殴られる事もあるので注意です。(先生の実話;)

話の腰を折らず、ちゃんと聞いてあげましょう。

「あ、それ知ってる○○だよね」

「ふーん、興味ないなぁ」

では、相手は話す気を無くしてしまいます。

そこまでして相手の話を聞かないといけないのか?

コミュニケーション能力を上げるためには必要です。

相手を理解しようとする気持ちが大切です。

 

5W1H

「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」

というのを聞いたことありませんか?

相手が話す事が苦手な人だったり、こちらが理解できない場合は5W1Hを使って順番に聞いてあげましょう。

  • 「いつのこと?」
  • 「それはどこで?」
  • 「誰と行ったの?」
  • 「そこで何が起きたの?」
  • 「何故そうなったの?」
  • 「それでどうしたいの?」

順番に聞いてあげれば相手も話を整理しやすいですし、こちらも相手が何を望んでいるか理解できますね。

 

コミュニケーションの必要性

私のように上手く話せないという人はいらっしゃると思うのですが、苦手だと思うとつい避けてしまいます。

でもそれだと人生が上手くいきません。

仕事が上手くいっている人はコミュニケーション能力が高いです。

そして能力が高ければ、人を動かす事ができます。

言われて自分が動くのと、全体を見て人に動いてもらうのとではどちらがいいでしょうか?

人は自分に興味がない事はスルーしてしまいがちです。聞いても覚えていない事もしばしば・・・。

相手に興味を持ちましょう。知らない事や興味のない話だったら、「それ何?」と話に乗ってあげましょう。

相手は喜んで話してくれます。

自分が相手を理解しようとすると、次は相手があなたに興味を持ってくれます。

会話を楽しみましょう。

 

 

 

 

伝える力

伝わってる?

伝えたいことがあって、相手に話しかけるのですが、上手く伝わらなくて首を傾げられたり、興味を持ってもらえなかったりしたことないですか?

私はしょっちゅうです。

昔から人と話すのが苦手で、伝えられないし、聞くのも苦手です。

最近、克服しようと勉強しています。

 

伝えるためには

こちらの話を聞いてもらいたい時、相手にその内容が浮かぶように話さなければなりません。

共通の話題で話すならいいのですが、相手が知らない事について話す場合、相手の分かるレベルで話す必要があります。

私達は自分が知ってるから当然相手も知っていると思いがちです。

そこで詳しい説明をせず、いきなり本題に入って相手を混乱させてしまいます。

結果、何言ってるのか分からないと敬遠されたり、曖昧な返事をされたりします。

説明をするのも、相手の興味を引くような言い方をしたり工夫が必要です。

そうです、上手く話すというのはすぐに身につくものではないのです。

練習が必要です。

私は昔から人と話すのが苦手だったので、仕事も「人に会わない」「接客・電話応対なし」という所を選んでました。

自宅と職場、時々買い物に行く以外は身内と会うこともなく、会話もない。

このままではダメだ!と、仕事を辞めました。

人と関わる仕事がしたいと思うようになったんですね。

 

気付かせてくれたのは次男

私の言いたい事が伝わってないのだと気付いたのは次男の一言です。

「何が言いたいのか全然分からん」

一生懸命説明してたんです。それでも全然伝わっていない。

愕然としました。

相手が小学生だからという事を差し引いても、これはちょっとまずいんじゃないかと思いました。

聞く側の気持ちになって、ちゃんと相手の脳内に映像が浮かぶように話す。

相手の年齢も性別も職業も関係なく。

「話す」という事をしてこなかった私には茨の道です。違和感ありまくりで不安でいっぱいです。

でも、それを感じるという事は、成長しようとしている証!

「変わらない」という選択を続けていたら何も変わらない人生が待っています。

それは、退化なのです。